その1〜お付き合い〜

平々凡々で、大学を卒業して就職し、結婚出産したわたしが昼働き、夜は学校に通うことになったきっかけ。

日記に綴っていこうと思います。


まずは旦那と付き合ってからの話し。



旦那とは仕事で知り合った。



タメであることは知っていたけど、仕事で挨拶する程度。

それがとあるきっかけで連絡先を交換し、温泉デートをした帰りに付き合うことに。



これが悪夢の始まり笑



オラオラ系な彼が好きだったわたしは彼とのデートが楽しかったし、彼が一人暮らしを始めるときもトイレ用具一式、キッチン用品と色々買っては彼の家へ通った。



ところが付き合って1年程経ったとき、段々と彼に嫌気がさしてきた。



ご飯が終わった後の皿を下げず「早く洗えよ!皿下げろよ!」と命令されたり「(Yシャツ)アイロンかけろ」と家政婦のようだった。



夜の営みも、私との子どもが早く欲しいという理由で避妊はしてもらえなかった。




この人といてわたしは幸せになれるのだろうか。

そんな風に悩みだした矢先、夜9時頃、わたしは腹痛で倒れ、母が病院へ車で連れて行ってくれた。

母は「胃痙攣じゃない?」と胃痙攣に何度も苦しんだ経験のある母は言った。



わたしは病院へ着くなり、嘔吐し、診察台に寝かされて何だかわからない腹痛に耐えるしか無かった。