うおのめ

足の裏に2つできました。

うおのめさん、お久しぶりです。

前回お会いしたのは小学生か、中学生のときだったような、、


毎日9センチヒールを履いていた大学時代にもできなかったうおのめが何故。


まず職場の人から情報収集。

巻き爪で皮膚科にお世話になったNさん。

Nさんならきっと詳しいに違いない。



「うおのめは皮膚科ですか?」

「麻酔してもらえますよね?」



おすすめの皮膚科を紹介してもらったものの

「うおのめのことはわからない」とのこと。



とにかく歩くと痛いので皮膚科に行ってみる。


怖いので、子供を連れて笑




受付にて。

「うおのめができたんですけど、今日すぐに取ってもらえますか?」

「麻酔してもらえますか?」



受付の方

「うおのめは麻酔しませんね(^ー゜)」





えぇっ!!!!

「麻酔しないんですか?」(帰ろうかどうしようか悩む)




受付の方

「でもうおのめ取るの痛くないみたいですよ(^^)」




内心、、本当かよ、、と疑いつつ、子供が隣にいてくれるから頑張ろうと誓った(ちなみにわたしはいい大人です笑)




腹這いに寝てください〜

カミソリ使うので動かないでね〜

ハサミで取ってくからね〜



もう痛くもないのに顔を歪め笑

痛いというリアクションの準備オッケー。




が、「痛い!」と一言も発することなく終了しました笑




「触ってごらん?」と取り立てホヤホヤのうおのめを触らせていただきました笑




歩いても痛くな〜い(^o^)

嬉しい。

当たり前のことがとっても幸せに感じた日でした(大げさ)